名だたる武将が乗る馬は、どれもポニーだった?!

現代では、「シマウマ」以外に、厳密な野生の馬は存在しません。(シマウマと馬の交配子に繁殖能力はないことから、「馬」ではないとされています。)野生にいる馬のすべては、過去に、家畜化された馬が逃げたり、放置されて繁殖したものです。

 

在来種の馬

日本には「在来種」とされる馬が北海道、一部の山岳地、沖縄県与那国島にいますが、厳密には「在来種」ではありません。日本列島には「馬」は生息していなかったようです。日本に馬が伝わったのは4世紀とされています。古墳時代です。埴輪(はにわ)に描かれているので、この頃には家畜として飼われていたことがわかりますが、それ以前には「馬」が出てきません。

 

また、「魏志倭人伝」に示す「倭国(日本のこと)」には、「馬がいない。」、「馬がいないため」などの文言が確認されています。当時の日本人の交通手段は「徒歩」です。貴族のみ、「牛車(ぎっしゃ)」か人力による「神輿(みこし)」が使われただけでしたが、速度は「歩行」と同じです。「移動」という概念に「速度」はなかったようです。「急ぐ」とか「ゆっくり」の概念自体がなかったので、牛で十分だったのです。行動範囲も「徒歩」が基準でしたから、5里(約20km)を越える移動は宿泊が前提でした。

 

この時代に馬が伝来しましたが、当初は、走らせることはしませんでしたし、走る馬を操る技術者もいませんでした。馬の肉は臭みがなく美味しいので、「食用」とされた時期もありました。日本に伝来した馬は動力ではなく食肉の意味であったとする考えもあります。古墳時代中期から「埴輪」の馬には馬具が描かれています。この頃に、貴族が動力として馬を使い始めたようです。牛に比べ繁殖力は低いこと、妊娠期間が長い(ほぼ人間と同じ)ので、飼育コストが高く、高貴な者しか使えませんでした。
家屋の建材は「木」でしたので、林業従事者には早くから普及しました。古墳時代でも、貴族と同時頃から林業従事者が使用していた記録が残っています。切り倒した材木の運搬は馬の仕事でした。当時の馬は、残されている絵から現代の「ポニー」と考えられます。与那国馬もポニーの野生化馬です。

 

時代が下って、戦国の世では、戦場では馬が多用されました。各武将は大規模に馬の養殖を行いました。「武田信玄」や「真田幸村」、「織田信長」名だたる武将が乗る馬はどれも小型の馬です。ポニーであったと考えられています。戦場では餌の確保、機動力から大型(軽馬)の使用は不利だったはずですし、残されている絵画のどれも馬が小さいです。
戦場から馬をなくしたのは、「織田信長」の3列横隊鉄砲陣形戦術によるものとされています。